• 茨城の樹木葬の特徴にはどのようなことがあるか

    樹木葬は木や草花の下に埋葬する方法で、樹木や草花の近くにあるプレートが墓標となっているのが特徴です。



    お墓という概念にとらわれず、亡くなったら自然に還りたいという希望がある方、お墓を守っていく人がいない方、宗教や宗派に属していない方などに注目されており、近年増加傾向にあります。
    樹木葬の場合、自然に還ることを願いとしているため、骨壺は使用せず長い間に土に還る素材の物を使用したり、土に直接埋葬したりする方法をとっていることが多いです。
    茨城に関してもそのような方式のところが多く、自然を意識した場所が数多くあります。茨城の場合は、木々の剪定や手入れもすべて施設や寺院にて行っているので、木のことに詳しくなくても安心して樹木葬を選ぶことができます。

    また、新盆や春や秋のお彼岸供養も合同で行っているので、供養の心配をする必要もありません。
    茨城県で樹木葬を行う場合、生前に予約ができるところがあります。

    今までになかった毎日新聞を知りたいならこちらです。

    永代供養となるので管理費なども必要になりますが、初期のみ必要となるケースが多く、追加費用がかからないことがあります。

    それぞれの施設や寺院によっても異なるので、樹木葬を考えている場合は、様々な場所を見学に行きじっくりと考えると良いでしょう。

    家族やペットも近くに埋葬することができる場所もありますが、一度埋骨してしまうと取り出すことはできなくなります。



    トラブルを未然に防ぐためにも今後どのようにしていくのかもしっかりと話し合っておくようにします。