• 自然葬が注目を集める茨城エリア

    首都圏の他エリア同様、茨城においても自然葬が可能な霊園が増えてきました。


    一般的な葬送スタイルとしては、海へ散骨する海洋葬、樹木の根元などに埋葬する樹木葬などがあります。

    千葉の墓じまいならこちらのサイトがオススメです。

    生命を終えたあとは自然の懐で眠りたいという考え方や、環境保護への関心の高まりが背景にあると考えられます。
    長い海岸線を持つ鹿島灘や、緑豊かな平野や丘陵地帯に恵まれている茨城県の土地柄にも合っていることから、今後も増える傾向にあります。

    自然葬スタイルのなかでも、比較的おこないやすい樹木葬は、樹木を墓標として、その根元や周囲に納骨もしくは散骨をしておこないます。
    もともと樹林が多い茨城だけに、これまで通常の墓所区画のみだった寺院や霊園の多くが、新たに樹木葬区画を設けるなどして、埋葬地自体、急速に数を増やしています。

    ことに、都心からのアクセスも良い利根川近辺エリアでは、四季折々の花を配したガーデン形式の霊園や、周囲の景観や自然環境も良い霊園が人気となっています。
    墓碑となる樹木の種類も多種多様で、温暖で気候も穏やかな茨城県に向いている埋葬方法と言えます。

    朝日新聞デジタルの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

    海洋葬で人気を集めているのが、やはり雄大な鹿島灘に船出して行う散骨です。



    散骨が可能な海域へ行ける船の手配などを請け負う業者も出て来ており、遺族が乗船して散骨を行う通常のプランもあれば、業者に散骨を委託するリーズナブルなプランもあります。

    自然葬という形式自体、近年目立ってきた新しい葬送スタイルだけに、全般的な形式や料金体系などに明確な基準がないぶん、納得のいく形での葬送が行えるかどうか、各種の情報を元によく見極めて選ぶことが肝心です。


    自然葬が浸透するにつれ、今後さらに、より良い選択をしやすい環境も整うと考えられます。