• 茨城エリアに適している自然葬

    都心へのアクセスが便利でありながら、豊かな自然に恵まれている茨城県は、樹木葬や海洋葬といった自然葬に適したエリアと言えます。
    ことに、雄大な風景が人気の鹿島灘への海洋葬は、海への散骨を望む人にとっては憧れの葬送スタイルとなっています。



    大洗港から船で既定の海域へ向かい、粉末状の遺骨を散骨する形式で行われますが、遺族が直接船から散骨する方法と、専門の業者に委託して散骨してもらう方法とがあります。

    注目のgoo ニュースに関する有益な情報が満載です。

    遺族が乗船して散骨する形式も、ほかの遺族と合同となったり、代理散骨も既定の人数ぶんの遺骨が集まってから行うなど、業者によっても違いがありますので、海に遺灰を撒くという漠然としたイメージのみでなく、細かい点まで調べて検討しておくことが大事です。海岸のあるエリアよりも東京に近い茨城の平野部では、首都圏のほかの地域同様、樹木葬スタイルが増えています。


    墓標に見立てた樹木の根元や周囲に、納骨あるいは散骨しておこなう形式の自然葬です。

    海に散骨する海洋葬と違って、埋葬地へのお墓参りが可能という点でも、選ばれやすくなっています。


    また景観の面でも、季節の花々や芝生などで整備されたフラワーガーデンのような樹木葬霊園が増えたことで、従来の墓石のみが立ち並ぶ墓地よりも人気となっています。



    樹木葬スタイルも海洋葬と同様、一人に一本の樹木での埋葬か、一本のシンボルツリーの周囲に複数名埋葬するのかで費用に差が出てきますので、実際に選ぶ場合は、霊園など施設による規定の違いを確認しておくことが必要です。

    茨城エリアは、魅力的な海岸風景はもちろん、緑地の多い平野や山林にも恵まれていますので、今後も自然葬スタイルでの埋葬地が増えていくと考えられます。