• 茨城でも樹木葬が増えています

    東京などの都会ではすでに樹木葬をする人が増えつつありますが、茨城のような田舎でも最近は樹木葬をする人が徐々に増えつつあります。
    樹木葬は自然葬の一種で、墓石の代わりに木を植えて墓標とするというものです。


    遺骨は土に埋めて、その上に木を植えるということで、死んだあとは本来の自然に還ることができるエコな埋葬方法です。この埋葬法の一番のメリットは、やはり経済的なことです。

    お寺の墓地の敷地に墓石を建てて埋葬する従来の方法は、とてもお金がかかります。墓石自体が何十万・何百万としますし、また墓地の管理費をお寺に納めなければいけません。


    ところが、樹木葬ではそんな何百万円ものコストはかかりません。埋葬時に20万円くらい払えばそれで終わりです。

    散骨情報を多数比較しておりますので、一参考としていただければ幸いです。

    毎年の管理費用を請求されることもありません。子孫にお墓のことで負担をかけたくないという人が、この埋葬法を好んで選ぶケースが増えています。

    また、茨城のような地方だと、どんどん過疎化が進んでおり、東京などの大都市に引っ越す人も増えてきていて、この先ずっとその土地に住み続けてお墓を守り続けられるかどうかに不安を抱いている人も少なくありません。

    日本経済新聞関連のノウハウを解説します。

    そんな人にとっても、維持管理費がかかる従来のお寺での埋葬方法には負担を感じる人が少なくなく、自然葬を選択する人が増加する一因になっています。


    しかし茨城などの地方で樹木葬を行う場合は、事前によく親族と話し合うことが重要です。



    中には従来の埋葬方法を続けたいと望む人もいますから、一人だけで決めるとトラブルのもとです。

    親族でしっかりと合意形成を図る必要があります。